マイホームを建てるなら固定金利のフラット35sを活用すべし

固定金利のフラット35sを利用するメリット

Fund News

住宅ローンは便利だけど注意点もある

マイホームを建てるために住宅ローンを利用しようと思っている方は多いと思いますが、注意すべき点を頭に入れておかないと後々になってトラブルが発生します。

住宅ローンを組む際に気をつけるべきこと

お金を数える人
no.1

予算を決める

住宅ローンを組む際に一番重要なのが、マイホームを建てる際にいくらまでの金額を出すことが可能か把握することです。これを決めないことには住宅ローンを組んでも、将来返済が出来なくなる可能性もあります。ファイナンシャルプランナーなどからアドバイスをもらいながら予算を決めましょう。

no.2

不動産の広告には注意する

1位の内容の次に大事なのが不動産の宣伝です。「頭金ゼロで変動金利のローンを組めばお得」などという宣伝には注意しましょう。もし貯金が少ない場合にこのような住宅ローンを組んでしまった場合、老後の生活が苦しくなります。不動産の宣伝には惑わされずに慎重に検討するようにしましょう。

no.3

ボーナスは当てにしない

会社の景気が悪くなってボーナス額が減ってしまうケースも考えられます。そのため月々の返済にボーナスを計算に入れないほうがいいです。そうすれば毎月余裕を持って返済することができるでしょう。

no.4

融資額に注意する

営業担当から提示される融資額の上限は、完済することができる金額とは限りません。完済することができない金額を借りてしまった場合、自己破産するリスクがありますので、いくらまでなら完済することができるのか、専門家と相談しましょう。

no.5

必要な費用を全て把握する

マイホームを購入すると固定資産税が発生したり水道光熱費が上がったりします。そのため住宅ローンの返済以外にどのような費用が発生しいくらかかるのか把握しましょう。

マイホームを建てるなら固定金利のフラット35sを活用すべし

お金に乗る人

生活プランが立てやすい

フラット35sは固定金利です。そのため月々の返済額も一定なので、将来の暮らしのシミュレーションがしやすいのが大きなメリットです。

笑顔の女性

申込みの条件が緩やか

通常の住宅ローンの審査基準として、年齢や職業、収入など細かく項目が設けられています。フラット35sは安定した収入があり、かつ年収を占める借入金の返済額の割合が一定の基準を満たしていれば職業などは問われません。

懐からお札を取り出す男性

繰り上げ返済時に手数料がかからない

窓口での手続きなどにより繰り上げ返済時に手数料がかかる場合があります。フラット35sでは手数料はないので、より早く住宅ローンを完済したい方にとって助かるメリットでしょう。

フラット35sの契約をした方の感想

電卓を持つ男の人

安心して返済できます

金利が固定なのが決め手になって、フラット35sを契約しました。お陰で金利の変動に一喜一憂することがないので、精神的な負担がかからないのが嬉しいです。

繰り上げ返済で手数料がないのは助かります

私は50代で家を建てた際にフラット35sを活用しました。老後になってもローンを支払う必要があるので、手数料無料で繰り上げ返済ができるのはとても便利だと思いました。

広告募集中